はきだめ

前の月へ次の月へ

16_10_23
接吻カヅヒロ。

二人のゴールがセックスであることは勿論ないんだけど、速水ヒロがてっとりばやく安心するためにその手段をとることは考えられるし、ひと肌で速水が安心するなら先輩もしてくれそう……。
うんいや、もちろん純粋な体の触れ合いを楽しめる関係に慣れればいい。それにはなんというか……、いろんな月日が必要だね。


10_15
ろ……ご……?
地雷臭が半端ない。

速水ヒロがキングカップに優勝して、というか英雄になってすべてに打ち勝つと二人は同棲を始めると私は強く信じてるから、買い物にも行かせたい……。
速水ヒロは誰よりも速くプリズムショーの頂点に行く美しい名馬だからきもちが先走ってたてがみが生えてしまうのだ~~~~~。
こういう馬鹿な本って何部すればいいんだろう……、続編公開の後に私がイベント参加したいと思うかわからないんだよね。10くらいかな……。つーか最低部数でしょこれ。本当は全部コピー本がいいんだけれどページ数が多くてそうもいかない。


10/10
私のあずかり知らぬところで「あんなに枚数をこなしているのにどうして田辺の絵は上達しないのか」会議が開かれていたことが発覚した……。どういうことだ、本人を呼べよ。
漫画のストーリーを考えることが楽しくて一コマの完成度がおろそかになっているとの結論であった。


10_09
夢オチ多いねって言われたけど本当に多いね。妄想の中でしかバッドエンドを許せないんだ。
最近カヅアレも描いてみたいんだよなあ。


10_04
原稿の一部も色を付けると楽しいね。
仁科カヅキの取り扱いについて速水ヒロに食って掛かるタイガがやばいもんを見てしまう話になりそう。
タイトルがなかなか決まらない……。


10_02
そんなん全部わかってるけど先輩はあからさまにいろいろとどろどろしたものを噴出したりしないけど、辛いことでも速水ヒロが好きなんだろ????


2016_10_01
速水ヒロはどう転んでも速水ヒロなんだから誰がいなくたって、頼れる人がいなくたって仁科がいなくたって生きれないわけないだろ!!!???????
その強さこそ速水ヒロを愛してやまない理由なんだよな~~~~~!!!!! 速水ヒロが別に絶対アイドルで誰も愛せないことはまったく不幸ではないし彼本人は幸せを感じてるんだろうけど、愛することと仁科カヅキに縋って涙することは違うじゃん!!!???

二人が好きすぎて苦しいから徹底的に破壊したくなる……。
速水ヒロが仁科に抱く気持ちにもこんな破壊的衝動が含まれてて、仁科カヅキも聖人みたいな顔してそんなこと思うときがあればいい……。カヅヒロフォーエバー。

十月なんてあっという間でキンプリにはまったのがもういつのことか。

上へ次の月へ