はきだめ

前の月へ次の月へ


01_30
これは妖精魚のリュー。
睡眠を8時間とっていると原稿は進みませんが正直人生が快適です。すこぶる調子がいい。
あとクナイプはバスミルクがいいですね、悲しいことに我が家には風呂の蓋がないのでバスミルクじゃないと風呂が沸きながら冷めていきます。

BEASTARSのアニメは見てないんですけど(まだそれの話すんの?)、アニメ二期のEDを見たら泣いちゃった。こんな、こんな好きな二人が報われることがありますか? ちょっと見てください。あの~……「ルイの角をかきわけていったらフブキがいていいよね」と許可を与えた人間、感謝しかありません。そう、ルイの角をかきわけていったその先にレゴシじゃなくてパパじゃなくてハルじゃなくてフブキがいていいんだ……(微笑み昇天する)。

銀魂の映画を見に行きました。私が銀魂がものすごく小学生のころから好きなんですけどすごく出来の良い同人ムービーで狂ったようにないちゃいました。銀さんと高杉が優勝。二人がずっと友達だったことに感謝。DVDを買います。
空知先生は漫画がおわると「こちら側」に自分だけが置いていかれる感覚がある、置いていかれるのが嫌だから漫画家になったって仰っていたことがあって、漫画版の最終話はその言葉にたがわず本当に読者を置いていかないように最大限優しくして下さったんだと思うんです(私にはまだ銀魂が終わった実感がないです)。
ただ映画館でスクリーンを見て終わっていく万事屋を見ていると「おわりじゃん……」って思ってしまって、スクリーンによって私と銀魂が分断されていく。どうして? どうして私を置いていくんだ空知ィ……。でも私の人生形成に銀魂は根深くかかわっているので本当にありがとうございました。


01_19

 ちょっとちょっとBEASTARS最終巻をお読みになった!!?!?! ネタバレですわよ。
 いやネタバレというか、最期の作者からのキャラクターへのメッセージ読んだ? 私は泣いた。私は孤独と誇りを選び取り獣生を滅茶苦茶にした獣、ヤフヤのことを360°の視界が欠けた時から愛していますが、ヤフヤが愛の在処に気づいてくれるとは思わなかった。ゴーシャ以外の獣が自分を愛し、愛されること、窮鼠ネコカミ(バンド?)がずっと自分の傍にいてくれたということを認め受け入れ、穏やかに生きてくれるとは思わなかった。ありがとうございました。
 というかゴーシャの生涯が壮絶過ぎるんだけどよく死ななかったな。

 チェンソーマンはただただ悲しくなりました。


01_06
 「呪術廻戦」(漢字あってる?)全巻読みました……。ネタバレです。

 救いようがないとは聞いていたけどななみんが死んだ。そして五条悟の魂の盟友は遺体を凌辱されました。(は?)

 遺体なんて目の当たりにするとただの重い肉の塊だけど、そういう唯の肉が知人から見ると誰より大切な愛の証なんだよね。だから遺体の尊厳を……尊厳を他人だけど守っていかなきゃいけないんじゃん!? オイ……夏油! 何で死んだんだよ以前に何で死んだ後凌辱されてんだよ!!!! 頑張れよ!!! 五条悟はお前の事愛してたのに!!!泣泣
 あと宿儺の顔形が凄く好き。人間のパーツが増えているタイプの人外が本当に好きだから。宿儺様が目をかけられている恵もお父さん目の前でもう一回死んじゃったけど大丈夫? まあ別に平気か……。
 私はななみんが本当に未成年を尊重してくれようとしていて正しい大人だったので亡くなったのが悲しいです。これ、釘崎野薔薇も死ぬんですか? 嫌だなあ……。でも九相図の兄弟は大好きだったし、お兄ちゃんが復讐を遂げられるように祈っている自分もいましたね。だってお兄ちゃんは弟を愛していたし、愛情故に暴虐は許されませんが……。

 続きがあるとしても続きを読んで私は感動したり何か……何か得るものがあるんだろうか。いやあるんですけど……呪術の衝撃が強すぎてチェンソーマンの新刊読めてません。早川アキが死んだのに世界が回っている。


01_02
 ちょっと……、2021年になっちゃったわよ!!!!
 2020年を10月を最後にこの日記を全然書いていませんでした。いや~、書きたいことはいっぱいあったんですけどサイトの改装をしていて、無謀にも色々新しいことに手を出していたら全然上手く動かなくなっちゃって、日記どころじゃありませんでした。それに伴ってサイトを移転していて、そっちでいじってるのに古い方を今更更新してもなあと思いました。
見た目は全然変わってないんですけど中身としては多少変わっていてプログラミングの勉強とかをちょろっとしてたんですけど、いかんせん何の素養もないのに独学というのは無理があってすごく基本的な所でつまずいてしまいました。この時代いくらでもオンライン講義なんてあるんだからと思いつつも「これ趣味のサイトだし……」と思って。いや普通に講義を受けて欲しい。
 書きたいことがいっぱいあるので順をおって話します。2020年の総括としましょう。

速水ヒロ誕生祭2020「明日も美しい無差別」
 一番最初、コレ?
 本当の本当に悔しいし腸がねじ切れて憤死しそうなのですが、人間の生命の安全さより優先すべきこともないので結局やれていません。今はずっと一人で会場とか、プレゼンテーションとか、ゲームとか、お土産とか、配る詩集とかを考えています……。むなしいね。
 年が明けて2021年の速水ヒロの誕生日まで十か月を切ってしまいました。どうすんの!? はやみひろを寿ぐことより大切な事この世にある~~~~!?!?!(人間生命だよ)
 毎日速水ヒロのことを思い出しています。私の心の一番大切な部分に速水ヒロがいて、彼はいつだってトップアイドル、プリズムスタァ、無敵のアスリートとして光り輝いていてくれる。それが本当にどれだけ救いとなっているか、言葉では言い表せないので何度も伝えるしかありません。
 生花が好きですし家に花があるのが好きで、よく自分で買います。自分で選ぶほどのこだわりもないので自宅用にはお花屋さんが作った季節のものを買うのですが、ついついバラの入ったものばかり選びます。速水ヒロに関わることで何かが特別になっていくことがよくあります。空は水色で速水ヒロのメンカラーなのですきですし、夕焼けの黄色もメンカラーなので好きです。prideのあるキャラクター(二次元)も似ているから好きですし、速水ヒロのせいで「鼻水垂らしたぐちゃぐちゃの泣き顔」が好きになったことには今でも驚いています。
 2020年も変わらない感謝と愛を捧げました。2021年もそうでありますように。また、誕生祭が無事に開催できますように。なるべく多くの皆さんが健康に参加できますように。

 関係ないですけどお花のサブスクも最近よく聞きますよね。試してみるのもいいかなと思うんですけどお花屋さんにふらっと入って適当にバラを選ぶのも楽しみなんですよね~。

買った漫画
 前回の日記からも漫画を買いました。「帝国の宦官」「金カム24」「凪のお暇7」「天上恋歌2」「秘密 top secret 」全巻および「season0」とかとか。鬼滅の最新刊も買ったしドクストも買ったし
金カムはもう早く尾形百之助にちゃんと退場して欲しいです。これ以上地獄を見ないで良い、救いがないから死んでいい。私の情緒をこれ以上振り回さないでほしい。登場人物全員が明るいギャグの中ゆっくりと地獄に向かっていき、キロランケはもう地獄に行きました。

凪のお暇はもう本当に我聞慎二とゴンさんの間で凪がうにょうにょ恋愛する前に北海道に行ってくれて地獄だけどホッとしました。今更凪の幸せを「どっちの男と恋愛するか」で決定してほしくないので。
 でもお母さんの夢ノート見つけて「私のせいじゃん……」と思っちゃったのは泣いちゃいましたね。今日リアルの友人から「自分が生まれたせいで母親は仕事を止めなければならなくなってそれ以降専業を続けている」という話を聞いたばかりだし。凪が母親がそうであることに理由を求めていて結局その答えは見つかったんですけど、そういう行動そのものに萩尾望都先生の漫画を思い出しました。萩尾望都が何回も母親というものを問いかけていて、どれもかなりヤバい感じなのに昔の漫画だと当事者の息子や娘はあんまり被害者意識がない気がしませんか? 気のせい? 私が「ジェニーの記憶」を見たばかりだからですかね。
 とりあえず凪には「お母さんのせいじゃん」と決めつけられる強い気持ちと「私のせいだ」と自分を責めてしまう感情が同時に存在して戦争をしていてそれがリアルで身に沁みました。続きが楽しみ♪(そうか???)

青木朋先生の「天上恋歌」二巻の最高ポイントは「顔も知らないまま婚約し顔も知らないまま先立たれ寡婦として貞淑を貫けと道徳に諭される女」が出てくることです。寡婦地獄についてはインドにはなりますがボリウッドの「Water」を見て泣いてください。青木朋先生は人権搾取を漫画でかなり取り上げてくれていて、「纏足もやったし宦官もやったし次は形骸寡婦でしょ♬」というガッツ、愛してしまう。お察しの通り私は社会に賛美されている人権侵害が好きという悲しいくらい破滅的で非倫理的かつ攻撃的な嗜好を持っていてそれを三次元に持ち込まないために二次元で発散しようと必死なのでこんな優しくされると泣いちゃうよ~~~(?)。
 安心して欲しいのは商業誌だし青木先生は倫理観に信頼のおける方なので人権フォローがかなりしっかり入るということです。決して非モラルな漫画ではないです。安心してください♬

秘密 top secret」って私この前の花ゆめの一気読みで初めて知ったんですけど皆さん知ってました!?!?! 言ってよ。
 薪剛がこんなにも「pride」で「世間からその人権侵害を賛美されている」なら確実に好きです。実際そうでした(すべての道は速水ヒロに通ず)。どの話が好きって本当に一話一話好きなシーンがありすぎて耐えられないのですが……え? 読んだことない!!? 清水玲子先生が描いた近未来、死んだ人間の脳を解析して脳が記憶している「その人の視界」を映像化する技術を生かしつつ凶悪事件の真相解明に挑む化学警察研究所法医第九研究室通称「第九」の活躍を室長薪剛と新人の青木を中心に描き、人の秘密を暴くことの痛ましさと真実を追求する人間の愚かさや美しさを描いたあの名作を!? リンク貼ったでしょ!!!! 試し読みだけでもお願いしますよ~ホントさ。
 私は正直「ジョン・リード」から人間が愚かで痛ましくて主人公の愛情も健気で切ないから好きだし、「貝沼」も勿論鈴木の命を呈した優しさというか無償の愛情に振れた薪が好きだし、「天地」も天地の最後の記憶がせつなすぎて泣くし、「チャッピー」も結末が救いようなくて好きだし、「絹子」も本当に救いようがなくてたまらないし「お兄ちゃんと妹の秘密」はただただ愛しています。「season0」は薪さんが雨の中で信じたかったと叫ぶシーンだけ何回も読みなおしてるし、私は「可視光線」が本当に好きで好きで……死んだからこそ守りたい。見えなくても触れればわかる、愛されてるのがわかる~あたりのモノローグを座右の銘にしようかと考えています(?)。
お時間ある時にお願いします。後悔はさせませんので……。

「鬼滅最終巻」はカイガクとぜんいつ、堕姫と妓夫太郎に萌え狂っていました。最終巻で皆の子孫が発表されていて、あれは転生込みだと思うのですが正直カイガクが転生していなくて勝ったと思いました。何回転生してももうカイガクは傍にいない。もう絶対にやり直し何てできない。救いようなんてない。誰かの優しさの音をぜんいつは聞けてももう二度とカイガクの穴の開いた心の音は聞けない。だからゼンイツの中で死ぬまでカイガクは永遠でした。それだけで私は満足です。本当にありがとうございました(邪悪な萌え方をするな)。
 映画は見てないんですが遊郭編を映画でやるなら見たいな~、堕姫ちゃんとお兄ちゃんの最期大好きなので。

「ドクスト」についてはホント色々な葛藤がありました。私最初はこの漫画を普通に面白そうだなと思って買ったんです(実際おもろかった)。それから今まで何を思って買い続けたかというとこの……ドクストにはびこるホモソーシャル表現がどうにかして軽減されて私の心に何のわだかまりもなく「この面白いストーリーが面白い!」と楽しめるようにならないかなと願いを込めて買い続けてきました。読むたびに心のもやもやが溜まっていって、言語化して説明出来たらよかったんですけど何分不勉強なものでなかなかうまく言えませんでした。で、ネットを周遊しておおむね同じ意見の人がいないか、その人がこのもやもやを言語化してくれて私がドクストを買い続けるか止めるかを決められるようにならないのかと思っていたら普通にありました↓
【長文注意】千空だっておぱんつ要員だったかもしれない。
概ねこれです。本当にありがとうございました♬♬ これで心置きなくモヤモヤを晴らし購入を止められます。普段だったら何も言わずに買うのを止めるんですが「こうなったらいいなあ」「こうだったらよかったなあ」と思うことは口に出すだけでそれなりに意味があるので書いておきます。

「帝国の宦官」←コレ人権搾取ヤンデレの見本です!!!!!!!!!!!! 人権搾取が好きな人間、集まれ!!!と思ったんですがどうも主人公の人権は「仕方ない」「納得してくれる」というテンションで奪われてるらしく笑っちゃいました。はじめに光あれ、そして暴虐には自覚あれ。
 あとアジアの話なので私は大好きです♬♬ 天上恋歌といいこういうのといい皆さん文化解説ページ・解釈ページっぽいものを設けてくださっていて勉強になります。私は天上恋歌を読む前から宦官に相当興味があっておまけページは「わかりきってることをわざわざ口に出してくれるんだやさc♬」と思っていたのですが、知り合いから「あのページで初めて知った」という意見をもらい、その時の気持ちを忘れず生きていこうと思いました。オタク、気を付けような。

最近の趣味
 最近、歌舞伎のことをなだらかな心持ちで好きになってます。4回くらいしか見たことないし(それ趣味?)、役者さんとかはよくわからないし、とりあえず有名な話の内実が知りたくてノコノコでかけてるだけなんですが楽しいですね~~。歌舞伎以前に私は内向的ひきこもり一人でできる趣味ばかり持っていて「観劇」ジャンルの趣味がなかったので演劇というものに純粋に感動しているのかもしれません。劇団四季は小学校の頃に学校で行ったきりですし、シェイクスピアの劇も学校で行ったきりです。どちらもひとしきり感動した覚えはあるのですがなかなか興味を持てず演劇に疎遠でした。
 ただ就職前にやったことのないこと経験しておこ♬と思った時期があって(過去の日記を参照してください)、オペラやら歌舞伎やら現代美術やら映画やら行きまくっていた時期があったのでした。そこから生き残ったのは歌舞伎だけということですね。「はいからさんが通る」でも歌舞伎の話があるし、比較的落語も聞くんですがその中でも芝居のネタもありますし、好きな銭形平次捕物帳にもよく素人芝居とか芝居役者が出てきます。そういうのの元ネタが知りたいというのもあっていきやすかったですね。
 この前は「三人吉三巴白波」を見てきました。名前が偶然同じの三人の盗賊、吉三(きちざ)達が義兄弟の契りを結んだはいいものの全員の過去と因果が絡み合いお互いの大事なものを取り返しのつかない形で傷つけあってしまい最後は雪がふるなかこれから全員で死ぬぞ!ってところで終わります。演出がとにかく豪華で楽しいです。生き別れの双子がそうと知らないまま一目惚れし夫婦の約束をするんだけどそれを知った兄貴が畜生道に身を落とすくらいなら…つって泣きながら殺して生首にするし、それは父親が盗みを働く途中で孕んだ雌犬を切り殺した因果の報いで……って話もあってドドド兄妹萌えで困っちゃいました。
「平家女護島」は島流しのラストで泣きました。「霊験亀山鉾」は一番かっこよかった悪役が瞬間で死んで笑いました。……歌舞伎、全体的に退廃的でお家は復興するものの人間は無残に死んでいきます。心はないのか!?
 無料公開された動画で見た野村萬斎の「鏡間者」が面白かった記憶が新しいので機会があれば能と狂言も見に行きたいです。

 あと最近の趣味なんですけど仕事で疲れた己を癒すために入浴剤・バスソルト・バスミルク系をちょこちょこ買ってきてたまにお風呂に入れることにはまっています。普段はシャワーが多いのでお風呂を入れると同時に何かをいれると特別感が凄い。今日はクナイプのバスミルク、オレンジと八角を入れました。八角のニオイがオレンジに勝ったら終わりだなと思って一種の賭けの気分で入れたのですが、オレンジとのバランスがちょうどよくていい匂いでした。あとはシトラスとサンダルウッドも買ってきたので疲れた時にいれようと思います。
 どうでもいいんですが、クナイプのウィンターグリーン&ワコルダーの香りは湿布に包まれたいな♪と思った時にぴったりです。なにかおすすめがあったら教えてください。

映画
今年見た映画すごく少ない。
「マレフィセント」←こんなことある? 整合性を保てないならリメイクしないほうがいいのではないかしらん。よかった点はカラスが可愛い所です。
「クレヨンしんちゃん ラクガキングダムと~」←クレヨンしんちゃんの映画をまともに見たのは初めてでした。私は小さい子供が頑張っていることに感動して泣いたのですが、クレヨンしんちゃんシリーズを見慣れている友人は似たような展開ばかりでうんざりしたと言っていました。よく付き合ってくれたね♪♬
「ジェニーの記憶」←苦しいし幼少期に不審者とあった経験を思い出し悲しくなり泣いた。子役への配慮はなされているので、ぜひ見てください。自信を持って言えますが「ミッドサマー」より鬱度は下です。
「打ち上げ花火」←実写版デビルマンと並び立つ虚無ならまだしも平然と行われるセクハラの数々により怒りの感情しか残らない。

ツイステ
 ツイステ、私はレオナとラギー及びカリムとジャミルの救いようのない関係を前提に敷いたアズールとジャミルに萌え狂っています。
 サバナクローの「不屈さ」ってレオナが留年しても恥ずかしげもなく寮長として立ち続ける強さの事をさしてるんですかね?
 スラムからはいずりだし、誰もが変わらない変えられないと笑った生まれをものともせず「生まれ」そのものの意味を変えようとただただ奮闘するラギー君こそレオナ・キングスカラーがNRCで見つけた唯一の「不屈」であり、ラギー君がレオナにとっての眩し過ぎる王様であればいいと祈っています。
 ラギー君はただただ求めるものを何にも置き換えず純粋に手を伸ばせるちゃんとした人間なので、レオナさんが自分の求める「王座」が何かの代替品(愛情とか……)である可能性に気づくことは一生ないと思いますが、一生叶わない目的とその邪魔者にすら愛されるこの先ただただ与えられるままに消化していくしかない一連の人生でラギー君にこっぴどくフラれて玉座以外にも求めたけど手に入らなかった唯一のものとして記憶に残らないかナ♬♬と思っています。幸せになってほしいな~~~(嘘じゃん)。
 二次創作をしたいんですけど、私はレオナ・キングスカラーに特に未来があると思っていないのでできません。破滅して。おい、!、レオナキングスカラー、、!!お前の人生、無意味で惨めで不屈から程遠い……消化試合!!!!(大好き)

 カリムとジャミルの関係もいいですよね~。カリムの支配する側として正しい価値観、そしておそらく正式に雇用されていないであろうジャミルによる過度なアジーム家への忖度と家族の雇用を握られている現況をふまえ、「この二人終わりだ……(歓喜)」と気づきました。そのうえでアジーム家に搾取されているバイパーの家、そしてそれを世間とバイパー家自身が賛美しているとすごく萌えるなあと思い、私はずっとアジーム家の親族に慰み者にされ魔法で癒えない傷を負わされ車椅子になったジャミル・バイパーの妹と言う幻覚に狂っています。何人か洗脳に成功しました。
 妹の足がめちゃくちゃになって魔法じゃなおらなくて、ずっと車椅子になっていることをジャミルは笑い出したくなるほどおかしく思っていて欲しい。妹がバスケの試合を見に来て、居合わせたカリムが車椅子なことを気にするそぶりなんて微塵もみせずに明るく会話しているとき、動かなくなった足を引きずる妹に対して両親がアジーム家の方のお役に立てたと涙ながらに喜んだ時、あきらめた目を両親に向けた妹が以前よりよっぽど明るくふるまい自分に何も気にしないで良いよと言うように笑いかけた時。自分の人生の全てが道化で、両親や親せきのことを考えて屈辱に甘んじた日々の何と無駄で、何があっても自分の妹一人守れなかったことを思い出して滅茶苦茶になってほしい。そうは思いませんか? 思いません。
 ジャミルの優秀さを見つめ理解していたアズールが、ジャミルにとってはマジで異次元の存在なんだろな。評価されることを自分から避けてきたのにアズールだけは見てくれていた。アズールはレオナ・キングカスラーにかなり最悪な理由で人生設計をめちゃくちゃにされたのにその慈悲の精神でジャミルの失敗を隠し利用し責めないでいてくれる……そんなの好きになっちゃうよ♪


すごく書きました。これで11月分と12月分としていいでしょ。
あ、高校生の頃に描いた屏風が出てきたのであげておきました。見てください。→「蟹蛸捕食絵図
1月中にもう一回くらい更新したいですね。

上へ次の月へ